サイドビジネス@ランキング2018
ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨 ウォレットは自分でできるのか?

仮想通貨 ウォレットは自分でできるのか?

取引する仮想通貨を保管しておくために必要なのがウォレットです。ウォレットには、インターネット空間で存在しているオンラインウォレットと、インターネットではなくオフラインである現実世界に存在するハードウェアウォレットの二種類があります。


ウォレットの管理を通貨取引所が担当して管轄してしまうと、自分では管理委任するしかなくなるのですが、ブロックチェーン技術で秘密鍵と呼ばれるセキュリティ対策を施されている状態であればオンラインウォレットは自分で管轄できます。当然ながら物理的な存在であるハードウェアウォレットは自分で所有しながら自己管轄できます。オンライン上での存在には秘密鍵のセキュリティ対策が重要ポイントになりますので、いわゆるパスワード管理と同様に情報を公開せずに非公開設定で自己責任で管理する必要があります。


ハードウェアウォレットの場合は現実の財布と同様に自分で保管できるのですが、パソコンに接続したままの状態で保管しているとデータがインターネット回線を通じてアクセスされる危険性があります。ハードウェアウォレットは物理的に安全管理しやすいのですが、取引に必要な場合を除いてはインターネット回線から物理的に遮断しておく注意が必要です。仮想通貨そのものは現実のコインとしての実体がなく、手で持って実感することが不可能ですが、ハードウェアウォレットは物理的な実態として手で持って実感できる存在なので、現実空間での厳重な保管が必要になります。


関連情報サイトで探す

仕事ランキングで探す

人気ランキングで最新情報確認

副業ランキングで探す

副業最新情報発信中

人気のシール貼り情報

ぺたぺた貼って稼ぐシール貼り

コメントする