サイドビジネス@ランキング2017
ホーム > > フランチャイズビジネス

フランチャイズビジネス

サイドビジネスでフランチャイズが開業できるか?

フルコミッションの仕事やフランチャイズは起業経営的ビジネス的な要因が強いのですが、今ではビックビジネスに育ち、 株式上場している企業まであります。たとえば、セブンイレブン・ジャパン本部は、売上高、店舗数とも第1位! 株式上場してはいませんが、ローソンは第2位となっています。

ところが現実には、中小規模のところがおおく、それだけに起業色が強い業界といえるでしょう。 つまり大会社のフランチャイズだから成長性があり堅実という、勤め人的発想はこの際捨てるべきかもしれません。

現実、株式上場企業のフランチャイズでも産業内容が悪化している場合もあり、あなたが開いた店の実りが悪ければ、上場企業の場合にはその点、ドライ に切り捨ててきます。   中小のフランチャイズも目のつけどころの1つで、成果を伸ばしている時期もあり、そこにうまく参加できればあなたの店も活況するでしょう。

フランチャイズ内部の部署や担当は?

会社にたとえれば、フランチャイズ本部は各社であり、加盟店は営業所といえます。 各社は 営業所の成果向上のためにいろんななサポートをしてくれます。 サポートしてくれる部署の代表としては、仕入れ部(商品部)・教導部(教育部)などがあります。特に指導部に関しては、 この範囲には、スーパーバイザーという管理者がいて、加盟店を定期的に巡回しています。

月の売上高は最悪でも1200万?1500万円はほしいところです。製品の仕入額、人件費、家賃、ロイヤリ ティ、水道光熱費などの費用を差し引いた手取額は、売上の8?12%ですので、 およそ月100万?180万円となります。
さ らにここから減価償却費が差し引かれ、最終的なオーナーの収益は、低く見積もっても50万?80万円程度になります。 先ほどもお伝えしたとおり、独立・開設は収益や収入は必ずしも保証されるわけではないので、 好条件や人の流れの変化によって、当初の予定を上回ることも下回ることも十分に考えられます。


しかし、独立する以上、オーナーの最終利益は最低でも年間6?700万円は確保したいものです。
そして、もちろん1000万円以上の年収を目視したいものですね。

関連情報サイトで探す

仕事ランキングで探す

人気ランキングで最新情報確認

副業ランキングで探す

副業最新情報発信中

人気のシール貼り情報

ぺたぺた貼って稼ぐシール貼り

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする